早めにチェック!mineoのお得なキャンペーン情報

mineoって?

mineo(マイネオ)は株式会社ケイ・オプティコムが提供する格安SIM・格安スマホサービスです。docomoやAUなどから「mineo(マイネオ)」に乗り換えると、月額料金を大幅に削減する事も可能になる格安スマホサービスです。なんと月額1,310円でスマホが利用できるので、キャリアのスマホに比べるとこんなにも安くなります。mineoは、マルチキャリアと言って、docomoとAUの回線プランを選択できるので人気です。docomo・auと同じエリアを網羅することによって、電波や通話品質も安心してご利用いただけます。そんな訳でして、mineoの速度や評判・口コミをまとめてみました。mineoのメリット・デメリット踏まえ、ご紹介していきます。

docomoとAU回線の格安スマホ

mineoはあのdocomoとAUの大手キャリア2社ともサービス利用契約を締結していて、docomo回線ブランもAU回線プランも選択できるマルチキャリアMVNOです。その音声通話の品質は、docomo・AUの品質と同等の高いもので、通信エリアの広さもほとんど同じです。SIMフリーの機種は当然使えますが、そうでないSIMロックの機種でも、docomoの機種を持っているならばドコモプランならばそのまま使えますし、auの機種を持っているならば、auプランでそのまま使うことができますから、乗り換え時にスマートフォンの買い替えする必要はありません。機種代を節約できるのはMVNOを利用する倹約家にとって嬉しいポイントですね。または、mineoで用意されている格安SIMと格安スマホのセット購入もできます。安定して高品質なキャリア回線ををお得に使うことが出来ますし、自分に合った回線を、docomo回線とAU回線の2系統から選択する事が出来ます。2つの回線は月額料金が若干異なりますので、それぞれ比較しつつ、検討してから契約すると良いかもしれません。

高品質通話VoLTE対応!

mineoではVoLTE対応のプランが用意されています。VoLTEというのは、最新の通話方法の名称です。最新の通話技術を備えた名称です。それまでの方式で対応できたのは、周波数にして300Hz~3.4kHzの範囲内に限られていました。今回のVoLTEにおいては、50Hz~7kHzまでの音が拾えるようになりました。これは、今までの通話と比較すると、かなりクリアな音質で話せるようになったということです。VoLTE対応はmineoにとって最大なメリットともいえるのです。

翌月くりこしに対応

mineoの特徴として、データ量は次の月に繰越もできるようになっており、月によりデータ量が増減するような方でも、余ったデータ容量を無駄にすることなく、安心して使用できます。

mineoスイッチで通信量を圧縮!

mineoスイッチという新しい機能が搭載されており、その時の必要に応じて通信速度を高速と低速とに自由に切り替えることができます。データ容量の無駄な使用を抑えたい時にターボ機能を使います。データ量を制限してくれるmineoスイッチと、wifiを切り替えれば、さらに低額なプランとして月々の料金を押えることができると思います。スマホの月額料金を安くするために役立つでしょう。

mineo月額料金と解約について

mineoを利用する際の料金体系と通信スピードに関してご案内します。今現在ご使用されている会社の料金と見比べて、月々の利用額がどれくらい安くなるのか、キャリア選びの参考になれば幸いです。ということで、料金プランの詳細を見てみましょう。

mineoの月額費用

mineoの料金プランに関しては、SIMはデータ通信専用SIMと音声通話付きSIMの2つに分かれます。音声通話ができるSIMには、070・080・090から始まる番号が利用できるので、SIMをこれまでの携帯電話と同様に通話用として使いたいときには、音声通話もできるSIMを利用しないといけませんので気をつけてくださいね。音声通話SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データ専用SIMの月額費用は、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

mineoの違約金

mineoの解約手数料について、ご紹介していきます。MVNOには珍しく、mineoは、使用期間に縛りがないため、解約しても解約手数料を取られる事はありません。解約違約金が発生しないという事は格安スマホを気軽に試せるので、mineoは手軽に試せるオススメの格安スマートフォンです。ただ12ヵ月以内にMNP転出をする場合は、MNP転出手数料として12,420円を支払う必要があります。 音声SIMの契約ですと、このことを知っておいてください。

回線速度

mineoのデータ通信速度について、説明をしていきます。まず、Dプランの通信スピードですが、LTE回線なので225Mbps、auプランでも、au 4G LTEに相当する最大225Mbps回線となっています。各メディアでも話題になっている事ですが、回線が混雑する時間帯では、キャリア契約の回線の方が通信速度においては優れています。キャリア契約の回線のような高速通信が必要な場合は、キャリア契約が万全策だと思います。ただ、料金の安さは大変魅力がありますので、この様な点も考慮すると、mineoなどのサービスは一考する価値があるものだと思います。

mineo Aプランの72時間制限

どのMVNOにおいても一緒ですが、利用者が公平に利用できるよう、データ通信を多く利用したユーザーには、速度が制限されます。72時間で利用したデータ通信容量をもとに、規定の通信量を超えた利用者には、速度が制限されます。この速度制限は、直近の3日間のデータ使用量が決まった値を下回った場合、自動的に解除されます。大量の動画を見たり、大きな容量のファイルをダウンロードしたりしない限り、速度制限にかかることはないと思います。mineoの場合、料金プランによる規定値は規定されていないようで、Aプランは、すべてのプランで、直近3日間で3GBが規定値となっています。

mineo docomo回線プランにおける通信制限について

ドコモの回線を利用したmineoのいわゆるDプランでは、直近3日間のデータ使用量が一定量を超えると、速度が遅くなる制限がありません。日によって、データ通信量が大きく変わる方は、docomo回線を利用したプランを選択した方が、3日制限を意識する必要がなく使えるでしょう。こういったプランの違いをよく理解した上で、比較検討するのが良いと思います。

マイネオのキャンペーン


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


関連記事


おすすめ格安スマホランキング


格安スマホ・格安SIMの速度比較

今月のキャンペーン