楽天モバイルの開催中のキャンペーンについて

楽天格安スマホとは?

楽天モバイルは、楽天市場の格安スマホサービスで、docomo回線を利用したMVNOの一つです。大手3キャリアからの乗り換えなら、スマートフォンにかかる月々の金額をかなり抑えることができます。毎月1,250円の使用料で利用できる格安SIMが注目を浴びています。回線はドコモで使用しているものを使っているため、繋がるエリアや通話の品質などもドコモのスマホと全く一緒です。また、楽天モバイルのユーザーには見逃せない特典がありまして、それは、契約が続く限り楽天市場でのショッピング時にもらえるポイントが2倍になるのです。実に充実したサービスぶりですね。というわけで、今回は、楽天モバイルをどこよりも分かりやすく解説しました。楽天モバイルに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomoの基地局を使った激安なスマホ

楽天モバイルの通信回線は、docomoと同じ回線を利用しています。そのため、ドコモとう同様の高品質な通話品質となっています。通話エリアもとても広いので、ストレスフリーで使うことができます。楽天モバイルはNTT docomoのスマホであってもSIMカードを変更することでそのまま使うことができます。それだけではなく、楽天モバイルから販売されているSIMフリースマートフォンの購入でも利用することができるのでおすすめです。もし、ドコモのスマホを現在使用中であれば、楽天モバイルではSIMカードだけを契約して使うことが出来、また新たにスマホを購入しなくていいのです。楽天モバイルを一言でまとめると、ドコモ回線を安い価格で使える格安スマホ・格安SIMということになります。

格安スマホの種類が多い

楽天モバイルを利用するにあたって対応する端末をお持ちでない場合は、新たに対応端末を購入することが必要です。そんな人のために楽天モバイルではスマホ本体もセット販売していますが、多彩なラインナップでご自分の好みに応じた物を選ぶ事が出来ますので、他のMVNOより種類の多い事が特徴と言えます。スマートホンだけでなく、タブレットを使いたいと思っている人でも、種類が多く同じように選択肢が広がります。一点だけ注意してほしいのは、本体購入時の代金を分割払い担いたい場合、利用可能なのは楽天カードのみと言う事でしょうか。本体の購入のときに楽天カードがないと、本体購入代金は、現金で一括で支払う事になります。しかし、楽天モバイルの種類の多さはMVNOの中で一番なのは大きなメリットです。

余ったデータ通信量の繰越し対応!

データ通信の容量はプランごとにそれぞれ違いがありますが、使用量が少なく、かなり残ってしまう月もあると思います。しかし楽天モバイルであれば、このような場合にも、今月の分を繰り越して、翌月に使用することが出来ます。MVNOによっては、データ通信量の翌月繰越に対応していないこともありますが、この様なサービスを提供している楽天モバイルは、メリットが大きいサービスであるといえます。データの容量を翌月に繰り越す事が出来れば無駄なく使えますね。

電話代が半額になると話題の楽天でんわ

今話題の「楽天でんわ」は通常の通話料金が「半額!」になるサービスです。「楽天でんわ」はプレフィックス(接頭辞)型電話サービスと呼ばれるもので、これまでのIP電話サービスとは違ったメリットがあるサービスで、電話を受けた側に発信番号がしっかりと通知されるのです。しかもこの番号通知には普段使っている携帯番号を使うことができます。電話相手からして見れば、いつも通りの着信と変わりはないわけです。多くのIP電話は、番号が通知されなかったり本来不要な050番号が先頭に付加されて通知されたりするので、一般電話と比べると使いにくい点もありました。一方、楽天でんわを使用すればこのような問題で困ることもありません。楽天でんわを使った際に生じた通話料も、楽天ポイントとして貯めることができますので、とてもお得です!

5分かけ放題

au・docomo・softbankといった大手キャリアには通話し放題のプランがありますが、格安スマホが売りのMVNOは通話し放題プランにまで対応しきれていないのが現状です。月々も支払いが安いのは嬉しいですが、メールやネットより通話がメインの人は不安に感じると思います。その新しいサービスの名称は「5分かけ放題オプション」というもので、月850円の負担額で、5分以内の国内通話であれば何回かけてもそれ以上はとられないという魅力的なサービスです。普通の電話回線を使っている、この5分かけ放題のオプションサービスは、楽天でんわと同様発信者番号通知にも対応しているので、いつもと変わらない、話し放題の電話を楽しめるのが、醍醐味です。楽天モバイルと競合する位置にあるのがNifMoで、こちらにもかけ放題のサービスはあるのですが、発信者番号通知がうまくいかない場合が多いとのようです。楽天でんわだと1分で約22円になるので、単純に月に40分から1時間以上話す人にとっては頼もしいサービスだと思います。

到着した月は無料

楽天モバイルで、格安SIMを契約するメリットは、その月の料金はただになるって知ってました?「初めの1カ月」が指すのは、SIMカードが到着した日が属する月です。SIMが届いたタイミングにより、1カ月分の料金が丸ごとゼロになることもありえます。しかし、今お使いのスマホの会社の月額使用料がいくらかにもよって損得は変わってきます。また、解約月が定められているなら、すぐに解約するとかえって手数料をとられ、高くつきますので、そこは月初だからお得とは言い切れない場合もあるので、乗り換えの前に一度確認した方がいいでしょう。よく検討してみてください。

楽天モバイル月額と解約に関して

楽天モバイルの各種プランやその料金についてご案内させて頂きます。毎月かかっている料金と比べながら、月々の携帯料金がどの位安くなるか期待しながらお読み下されば幸いです。 料金プランを見ていきましょう。

楽天モバイルの月額プラン・初期費用

楽天モバイルの料金プランに関しては、料金形態はデータ通信用SIMと音声通話可能なSIMとで分かれています。音声通話も出来るSIMは、090/080/070の電話番号が使え、キャリアのスマホと同じように使う際には、音声通話用のSIMを選び、データ通信用のSIMと間違わないようにしてください。音声通話SIMの月額プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円です。

データSIMの月額費用は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円となっています。

ベーシックプランとは、 通信速度が200Kbpsと低速ですが使い放題のプランで、ベーシックプラン以外は、LTEの高速回線(262.5Mbps)が利用できるプランです。端末代は別ですが、初期費用は一律3240円のみとなっています。

最低利用期間

楽天モバイルの解約制限、これは契約前に頭に入れておいてください。利用期間の規定はデータSIMにはありません。例えば初日に解約したとしても、解約手数料は発生しません。一方で、最低でも1年間使わなければならないのが、音声通話SIMです。もし、12ヶ月以内に解約をする場合、バカにならない額の手数料を払い込む必要が生じます。その金額は9800円です。大手キャリアですと、自ら申し出ないと縛り期間が自動で更新されてしまいますが、契約から13ヶ月以上すぎれば縛り自体が完全になくなってしまい、手数料フリーでいつでも解約可能ですから、また一歩進化したという感じですね。

回線速度

楽天モバイルの通信サービスは、docomoの225Mbpsという高速な通信回線を採用しています。通信スピードに関しては、安心したdocomo回線と同じということで、快適に楽天モバイルを利用できます。格安でドコモの回線が利用できるという特徴が、楽天モバイル最大のメリットですね。これからは、MVNOや格安スマホなどのサービスはますます拡大されていくでしょう。

楽天モバイルの72時間制限

楽天モバイルでは、利用者が平等に快適に利用できるように、通信データを使いすぎるユーザーには、通信速度の制限を設けておりました。通信制限がかかるごく最近の3日間のデータの合計に応じて、あらかじめ定められた通信量を超過した場合について、通信速度を低めに制限する措置の対象になっていたのですが、最近になって、この直近3日間での通信制限が撤廃されました!楽天の格安スマホに関しては、映画を見た後でも、3日制限のことを憂慮する必要はないんです。

いま開催中の限定キャンペーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)