格安スマホと格安SIMの違いを解説

格安スマホを購入、もしくは格安スマホについていろいろ検索していると、格安SIMという言葉が出てくるでしょう。格安スマホ?格安SIM?どちらが正しいネーミングなのかな、同じ事を言っているのかなと思う方もいます。

格安SIMと格安スマホの違いとは?

厳密に言うと、格安スマホと格安SIMではちょっと違います。

3大キャリアのスマホを購入した時も同じですが、そのスマホの機種にSIMカードを挿入します。これについては知っている方もいるかと思いますが、これはただのデータメモリというわけではありません。スマホを利用するためにはこのSIMカードがないと利用できません。もちろん、SIMカードだけでも機種がなければ利用できません。SIMカードを挿入する事で初めてそのスマホを利用できるのです。ただ、そのSIMカードを利用すれば、スマホの機種はどれでも基本的に利用できるのです(ただし日本のスマホ機種にはロックがかかっている)。つまり、月額の利用料、プランなど契約しているのはSIMカードなのです。

格安スマホ=端末セット

格安スマホは格安のスマートフォンの機種+格安のSIMカードがセットになったものであり、各会社(MVNO)ではこれを主に販売しているのです。ただ、あくまで各会社と契約しているのは格安SIMであり、もし他のスマートフォンの機種だけあり、それにSIMカードを挿入すれば同じように使えるようになるのです。

ただ、日本の3大キャリアのスマホにはSIMロックがかかっており解除しないと利用できません。海外のものであればSIMフリーのものがほとんどですので、そのまま利用できます。

docomo・AUのスマホも使える

前項で、SIMロック解除が必要と書きましたが、例外があります。

格安SIMには利用する回線ごとに、二種類あります

・docomo系MVNO(多くのMVNOがこちら)
・AU系MVNO(mineo・UQモバイル)

docomo系MVNOは、その名の通り、
docomoの回線・電波網を使用したもの。
AU系MVNOは、上記同様AU回線・電波網を利用したものとなります。

それぞれ、
SIMカードは、docomoのもの、AUのものを使用しますので、
docomoやAUのSIMロックがかかったものであっても、
そのまま使うことが出来る訳です。

次回の記事で、
docomo端末がそのまま使える格安SIM、
AU端末がそのまま使える格安SIMについて、
ご紹介していきます。

追記:docomo・AU端末がそのまま使えるMVNO格安SIM


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


関連記事


おすすめ格安スマホランキング


格安スマホ・格安SIMの速度比較

今月のキャンペーン