格安スマホに変えるとどれくらい安くなる?

格安スマホはその名の通り安いというのはわかりますが、実際に格安スマホに変えた場合、どれくらい安くなるのだろうか、と思う方もいるのではないでしょうか。

電話をほとんど掛けない場合、いくら安くなる?

仮に電話もほとんどかけない、動画などはほとんど見ない、もしくはWifiのある環境でしか動画は見ない、という方であれば、3大キャリアのスマホ利用料は毎月6,000~7,000円でしょう。

もし、スマホの機種を分割払いしたとすると、その料金が1,500~2,500円くらいでしょうから、その他のサービスをプラスすれば8,000~10,000円という方が多いでしょう。

それを比較的データ容量が多いプランで格安スマホにすると、
基本利用料が1,500~2,500円、機種代金も1,000~2,000円位です。その他のサービスをプラスしても3,000~5,000円程度で済むのです。つまり4,000~5,000円は少なくとも安くなる計算です。

通話し放題は今のところない

ただ、格安スマホの場合、通話料金がキャリアの通常通話料と同様の20円/30秒。
また家族間通話無料、同キャリア間通話無料がない、ということがあります。

電話を頻繁にかけるような方の場合、3大キャリアよりも毎月の利用料が高くなってしまう恐れもあるのです。
ですので絶対に安くなるというものではなく、条件に合う場合にのみ安くなるという事を頭に入れないと、格安スマホではなく、割高スマホになってしまうこともあります。

格安スマホに乗り換えた場合、月額が4,000円安くなるとして、
一ヶ月に100分以上通話する場合は、キャリアのかけ放題プランの方が安いケースが多いと思います。

1ヶ月に2時間程度通話するかどうかが、ボーダーラインかと思っています。


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


関連記事


おすすめ格安スマホランキング


格安スマホ・格安SIMの速度比較

今月のキャンペーン