動画などをあまり見ないなら、断然オススメ

高画質動画の視聴には向かない

HD画質等の高画質動画を頻繁に視聴する方の場合、通信速度的にスムーズな再生が出来ない可能性があります。
高画質動画を視聴するような方には、格安スマホはオススメできませんが、高画質動画の視聴機会がない方には、オススメできます。
今回は、それを少し解説していきたいと思います。

動画視聴する場合、プラン選択を慎重に

とは言っても、低画質の動画視聴等であれば、全然対応できますし、
通信速度が安定しているMVNOであれば、高品質動画の視聴がスムーズな場合もあります。

格安スマホのデメリットとして、
・通信速度が遅いMVNOがある

MVNOによって、通信速度が速いところや遅いところがありますので、
事前に実効速度の比較データをチェックされることをオススメしています。

参考:格安SIM速度

格安SIMが始まった当初は、
プランの選択肢が非常に少なかったのですが、
今となっては、高速通信容量の選択肢も豊富で、
自分に合わせたプラン選択が可能となっています。

動画視聴をする方の場合、月間のデータ通信量をかなり使っているケースが多いので、
かならず、格安スマホへの乗り換え前に、現在のデータ通信料を確認することをオススメします。

docomoやAU・Softbankのマイページや店頭にて、
月間データ通信量の確認ができますので、必ずチェックしておきましょう。

高速通信容量を超えると、低速に制限される

高速通信容量を超えてしまった場合、低速に制限されてしまいますので、動画視聴はかなりしんどいです。

とはいうものの、たまにサイトを開く、LINEやFacebookを使うといった程度の方であれば、
3GB使うということはまずないでしょうから、格安スマホでもまず問題ありません。

ですが、動画をよく暇な時に見るという方も多くなっています。動画をみてしまうと、どうしてもデータ容量は跳ね上がります。おそらく、毎日10分程度の動画視聴でもすぐにデータ容量がオーバーしてしまうのです。

ですので、しっかりと自分の使用用途にあったプラン選択・MVNO選択をすることが重要です。


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


関連記事


おすすめ格安スマホランキング


格安スマホ・格安SIMの速度比較

今月のキャンペーン