格安スマホの通話料を安く節約する方法

電話かけ放題プランは無い

格安スマホの欠点としては、通話し放題プランが無い点にあります。

基本的にどこの格安スマホも国内通話料が30秒で20円という高額になります。仮に1時間通話した場合、それだけで2,400円となります。もちろん、キャリアスマホでも基本通話料に関しては同じ30秒で20円です。

大体の場合ですが、
月間2時間以上通話する場合は、キャリア契約で通話し放題プランを選択する方がお得になります。

ですがキャリアスマホの場合には、かけ放題プランや同一キャリア同士無料、家族間無料、ガラケーなら無料通話などさまざまな料金設定があり、実際はそれほど通話料金は気にならないのです。

格安スマホでは、かけ放題プラン・通話し放題プランはありませんので、電話をかければかけるほど格安ではなくなるどころか割高になってしまいます。それなら電話をかけなければいい、というわけですが、仕事などで使うケースもあるでしょうからそうはいかないのです。

格安スマホの通話料対策

では、その通話料金の高さはどうしたらいいのでしょうか。
格安スマホの通話料金の高さはそのまま利用しては料金が高くなってしまいます。ですが、その欠点を解消できるのがアプリを利用する方法です。スマホではLINEを使う方が増えていますがLINEをダウンロードしている方同士の場合は無料通話が利用できるのです。また、Viberというアプリでも同様です。ただ、スマホへではなく固定電話やガラケーの方へ電話をかけることもあるでしょう。そんな時もそういったアプリを利用する事で1分3円程度という格安で電話をかけることができるのです。ですので、そういうアプリを活用すれば通話料金の問題は解決します。

プレフィックス型通話料割引サービスを活用

LINEやViberなども魅力的ですが、
固定電話番号や携帯電話番号への発信は出来ません。

そこで活用したいのが、「プレフィックス型通話料割引サービス」。

通話料が半額に!

これは、NTT以外の回線を使うことで、通話料を安くすることが出来るサービスで、
有名なところでは、楽天市場を運営する楽天株式会社の「楽天でんわ」。

これは、フュージョン・コミュニケーションズというところの回線を利用することで、
通話料を安く抑えることが出来るサービスです。

キャリアや格安スマホの通常の通話料金は、21.6円/30秒。
楽天でんわを使用した際の通話料金は、10.8円/30秒。

つまり、半額です。

発信元番号も通知される

こういった通話料割引サービスを使う際に気になるのが、
発信者番号通知に関して。

プレフィックス型通話料割引サービスの場合、
その携帯電話の番号が相手に通知されるので、
通常通り、発信するのと何ら変わりません。

遅延や音質の悪化等も、会話していて何も違和感ありませんので、
回線の品質が悪いということも無いようです。

唯一のデメリット

唯一のデメリットとして、通話料の支払先が、
楽天でんわになりますので、格安スマホの請求とは別になります。

個人的にはあまり気になりませんが、請求が2つに別れるのが、唯一のデメリットと言えます。

楽天でんわ以外にも、いくつかプレフィックス型割引サービスはありますので、ご紹介しておきます。
楽天でんわだと、料金に応じて、楽天ポイントが付与されるので、少しお得です。

プレフィックス型通話料割引サービス一覧

・楽天でんわ
・G-Call
・ブラステル
・BIGLOBEでんわ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


関連記事


おすすめ格安スマホランキング


格安スマホ・格安SIMの速度比較

今月のキャンペーン