店舗サポートが受けづらいのもデメリット

docomo・AU・Softbankといったキャリアの場合、もしもスマホの使い方が分からない、故障その他トラブルがあった場合には近くの店舗に行って聞いてみるという方法があります。

3大キャリアなら近くに店舗があるでしょうから、気軽に来店して直接聞く事ができます。

格安スマホの店舗は都市部にしかない

それができないのが格安スマホの欠点でもあります。
格安スマホの場合、イオンやビックカメラ、ヤマダ電機というように、店舗が実在する会社もありますが、楽天、フリービットなどのように、店舗がない(一部あり)会社がほとんどです。また、店舗を持っている場合でも、都市部にしかない場合が多く、全国数店舗程度で落ち着いているMVNOもあります。

そのため3大キャリアのように気軽に店舗に来店して聞くということができないのです。

正直、店舗がないのでこの欠点を完璧にカバーするというのは不可能です。特にスマホについて詳しくない方などは、直接その場でスマホを見ながら聞いた方が非常に分かりやすいので、それに勝るサポートはありません。

オンライン・電話サポートはある

ただ、格安スマホもサポートがないわけではありません。ほとんどの会社では有料(月額制)とはなりますが電話によるサポートを受け付けています。ですので、分からない事があればそちらから聞いてみるという方法もあります。

もちろん、スタッフが直接スマホを操作するわけではなく、口頭で説明をすることになるので、スマホが使いなれない方は問題が解決しないこともあるかもしれません。ただそれでも聞いてみる価値はあります。もしそうでなければ、家電量販店の格安スマホを選んでみてもいいでしょう。それらの店舗によってはサポート窓口を設置しているところもあるので、そちらで聞いてみることもできます。

キャリアの白ロムなら、店頭サポートOK

docomoのiPhoneやXperiaなど、キャリアの中古端末(白ロム)を使っている方であれば、
端末の操作方法はdocomoショップで受け付けてくれます。

docomo用のXperiaやiPhoneであれば、docomoの商品となりますので、
これらの場合は、docomoの回線契約がなくても、docomo版の端末を使っていれば、端末に関する操作方法や故障時の修理対応などは受け付けてくれます。

スマホの使い方などに不安のある方は、
docomoの中古スマホなどを購入して、ドコモショップでの店頭サポートを受ける方が良いかもしれません。

docomoの中古端末を使う場合、docomo系MVNOの格安SIM
AUの中古端末を使う場合、AU系MVNOの格安SIM
を使うようにしましょう。この点、お間違いなく。

ちなみに、残念ながら、
2015年現在、Softbank系のMVNOは存在しません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)