端末のラインナップは、キャリアが素晴らしい

端末ラインナップはキャリアに劣る

格安スマホが3大キャリアに劣るポイントとして言われているのが、スマホの機種です。

3大キャリアのスマホだと、常に最新機種が発表され、使い勝手や機能が充実しているものです。

格安スマホがでた当初だと、海外メーカーのもの、しかも性能にも疑問符がつくかも知れない中国製であったり、国内メーカーでも型遅れの機種というのがほとんどでした。実際、その格安スマホを見ても、本当に安っぽかったり、3大キャリアの機種に比べればかなり見劣りするものが多かったのです。

キャリアスマホを使うのもあり

海外製のSIMフリースマホよりも、国産のハイスペックスマホが良いという方は、
docomoかAUの白ロムを購入して、格安SIMを使うというのもアリです。

おサイフケータイも使えますし、ドコモショップやAUショップでのサポートも受けられますので、これもオススメです。

しかし最近の格安スマホは高スペック

ですが、最近では格安スマホの会社によっては、最新機種とは言わないまでも比較的新しいスマホの機種であったり、国内メーカーの機種を扱っているところも増えてきているのです。もちろん、未だに安っぽい機種しかないというところもあります。

ですので、格安スマホといえども3大キャリア並みの機種が取り揃っているところもあるのです。格安スマホを比較するポイントとしては、スマホの機種で選ぶというのもできるのです。もちろん、新しい機種、性能のいい日本製となると機種代金も価格がアップしてしまいます。ですので、格安スマホのメリット(月額料金が安い)が若干なくなってしまうかもしれません。もし、格安スマホでもちょっとはデザインや機能性も重視したいというのであれば、どのような機種があるのかをチェックして比較してみるといいかもしれません。


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


関連記事


おすすめ格安スマホランキング


格安スマホ・格安SIMの速度比較

今月のキャンペーン