docomo系MVNOとAU系MVNOの違いと注意点

電波の良さは、キャリアと全く同じ

格安スマホは独自の回線をもっているわけではなく、3大キャリアから回線を借りておこなっています。
(正確には、docomoかAU。現時点でSoftbank系MVNOは存在しない。)

つまり、電波の届くエリアなどは、キャリアと同様になりますので、
「格安スマホって電波悪い」というのは全くの迷信です。

キャリアスマホを持っている方だと、機種だけでなく回線の繋がりやすさなども昔から比較のポイントとなり、自分の生活・行動範囲のなかで繋がりやすいキャリアを選ぶものです。
docomoもAUも現在においては、十分すぎるほどの対応エリア・基地局を保有していますので、さほど不満がでることはないでしょう。

docomo系MVNOとAU系MVNO

格安スマホも各MVNOごとに利用しているキャリア回線が違っています。

ですので、格安スマホを比較するポイントとしては使用キャリアで選ぶというのも一つの方法です。
また、キャリアスマホ端末を持っていて、その端末をそのまま利用して格安SIMだけを挿入するという方は、SIMロックがかかっているため、同じ回線の格安スマホしか利用できません。

もし、別のキャリア回線のSIMを契約した場合、お金を支払ってSIMロック解除しないといけません。

そのため、もし別キャリアの回線の格安スマホを契約するという場合は、最初からスマートフォン(端末)とSIMがセットになったものを購入するというのも一つの手です。
その他、海外製のSIMフリースマホを購入するのもありですが、対応電波帯や技術基準適合認定に注意が必要ですので、キャリア白ロムもしくは、セット販売されている端末を購入されるのが安心でしょう。

ただ、格安スマホは今現在ほとんどがdocomo回線となっています。
au回線を利用しているのは、UQ mobileとmineo(docomoも選択可能)のみとなっています。
ですので、AU回線が良い!という方は、これらの格安スマホを選ぶようにするといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)