格安スマホの対応エリアは狭い?電波悪い?

格安スマホの対応エリアについて

格安スマホについてあまり詳しくない方も多いのではないでしょうか。ですで、格安スマホは大手キャリアに比べるとやはり対応できるエリアは狭くなっちゃうのでは?と思う方もいるようです。いくら安くても繋がらなくては意味がありませんから、やはりエリアは重要なポイントになります。3大キャリアでも、かつては「ウチは○○の電波の入りが悪い」、「山は○○は繋がらない」などという話がよくありました。今はエリアが拡大され、3大キャリアならどこでも問題ない対応エリアとなっています。

キャリアと比較して遜色ない理由

格安スマホの対応エリアはまだ3大キャリアのエリアにまで至っていないだろう、と思う方もいるのではないでしょうか。

ですが、実際格安スマホの会社は独自に基地局を設けたりしているわけではなく、3大キャリアの回線を借りてサービスを提供しているのです。
そのため、対応エリアの心配はありません。
ドコモの回線を利用していればドコモの対応エリアと同じ、au回線ならauの対応エリアと同じなのです。

これはキャリアも格安スマホも同様ですが、通信速度に関してはベストエフォート型サービスとなっているので、同じ時間の利用者が多くなると、通信速度は大幅に低下してしまう可能性はあります。
そのため、対応エリアの範囲内であっても、ネットのつながりが悪くなるという事はありますので、頭に入れておいた方が良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)